やるならどっち?サイトとブログ

やるならどっち?サイトアフィリエイトとブログアフィリエイト

サイトアフィリエイトとブログアフィリエイトという二通りのアフィリエイトの方法。

 

アフィリエイトを始めようと思って調べてみた方は耳にしたことがあると思います。「ブログの方が身近だし、なんとなくブログアフィリエイトをしてみようかな」と思ったこともあるでしょう。

 

アフィリエイト活動をする上で、集客方法や戦略が違ってきますので、最初に決めておく重要なポイントです。自分にあっているかをしっかり確認しましょう。

 

今回は、「これからアフィリエイトを始めたい」と思っている方のために、サイトアフィリエイトとブログアフィリエイトではどう違うのかを説明します。

 

アフィリエイトのやり方の違い

ブログアフィリエイト
まずはブログアフィリエイトですが、ブログで情報を発信して使ってアフィリエイトをする方法です。

 

ブログアフィリエイトには「無料ブログ」と「独自ドメインを取得したブログ」の2種類があります。慣れないうちはブログでも良いかもしれませんが、本格的にアフィリエイトを実施するならドメインを取得してブログを行う方が良いです。

 

ドメインを取得した方が良い理由ですが、無料ブログはブログ業者にアカウントを停止させられてしまったり、ブログサービスが終了してしまうリスクがあるからです。ブログアフィリエイトのアクセス数を集めるには、ファンを増やす必要があります。

 

頻繁に更新しなければアクセス数が集まらず、ファンを増やすことが難しくなります。自然とページ数も多くなり、100〜200ページにもなるでしょう。がんばって作ったブログが消えてしまっては大変ですよね。

 

まずは無料ブログを量産してみて、稼げるブログが出たなら独自ドメインを取得し、SEOに有利なサイトを作ってもあげてもよいでしょう。

 

サイトアフィリエイト
次にサイトアフィリエイトですが、独自ドメインとサーバーを取得してHTMLサイトを作製しアフィリエイトする方法です。

 

だいたい20〜50ページくらいの小・中規模なサイトを作るのに向いています。一度作製してしまえば更新頻度が低くてもそれほどアクセス数が減ることは有りません。

 

1つサイトができてしまえば更新は最小限で良いので、どんどんサイトを増やすことができます。そのため量産しやすいのがメリットと言えます。

 

アクセス数と報酬

次にサイトアフィリエイトとブログアフィリエイトで必要となるアクセス数についてお話したいと思います。

 

と、言いたいところですが、どちらも言うまでもなく、アクセス数があればあるほど稼げるのは事実です。

 

しかしなにも説明しない訳にもいかないので、各特徴についてお話ししたいと思います。

 

では初めにブログアフィリエイトからご説明しましょう。

 

ブログアフィリエイトでは主に『表示回数型』や『クリック報酬型』との相性が良いです。ジャンルを問わずに記事を更新するもよし、ダイエットや育児のようにテーマを絞るのもよしです。

 

ただしこの『表示回数型』や『クリック報酬型』で稼ぐには膨大なアクセス数が必要になります。

 

話題性のある記事や面白い記事などを書くことで、SNSなどでシェアして貰いやすくなります。

 

『クリック報酬型』で最も一般的に知られているのがGoogle AdSense(グーグル・アドセンス)です。

 

グーグルアドセンスの最大の特徴は、主に2つ。

 

1つ目は、サイトのコンテンツを自動的に解析し、それに合った内容の広告を自動的に掲載するというものです。コンテンツを自動的に解析し、サイトの内容に関連した広告が掲載されるため、高いクリック率が望めます。

 

サイト内コンテンツを変更したとしても、広告ソースが自動的にコンテンツを解析し、適切な広告を表示してくれるので、広告を張り替える手間はありません。

 

2つ目は、キーワードによって1クリック当たりの単価が変化します。キーワードによっては高単価なものもあります。クリック単価の平均はPCサイトで40円台、モバイルサイトで30円台と言われています。

 

さらに表示したくない広告を非表示にするフィルタ機能があります。これにより低単価の広告を非表示にし、高単価のもののみを残すことも可能です。

 

しかし訪問者に適切でない広告が表示されてしまうこともあり、クリック率が下がってしまう可能性もありますので、クリック数を選ぶか、高単価を選ぶかは精査した方が良いかもしれません。

 

上記の2点の特徴を生かすことが出来れば、グーグルアドセンスはブログアフィリエイトにおいて最も効力を発揮するでしょう。

 

サイトアフィリエイトでは『成果報酬型』が主流になります。

 

『成果報酬型』は『クリック報酬型』よりも報酬を得るハードルは高いですが、その分、報酬額が高い傾向にあります。

 

『コピーライティング(売り文句)』を導入した記事に、広告バナーやリンクを張り成約を獲得するという手法が最も一般的です。サイトアフィリエイトは、トレンドや話題のニュースをテーマとしてとりあげられる動的なブログアフィリエイトと違い、静的になりがちになるため、アクセス数は比較的少なくなります。

 

そのため少ないアクセスで成約しなければならないため、『コピーライティング』のスキルや『SEO』の正しい知識が必要です。

 

また、サイトのテーマとしては流行に流されず、長期的にアクセスが見込めるようなものを選ぶ必要があります。

 

一見、デメリットが多いように見えますが、稼げるサイトが出来てしまえば、ブログのように更新頻度がなくても、長期的に稼ぎ続けてくれるのがサイトアフィリエイトの最大の魅力です。

 

まとめ

サイトアフィリエイトは成約が無ければ収入に繋がらないため、コピーライティングのスキルが必要になります。

 

グーグルアドセンスを用いた『ブログアフィリエイト』の方が難易度は下がるため初心者の方にオススメかもしれません。

 

ただし、アフィリエイトをする方が最終的に目指すものは、放置していても収入を得ることができる『サイトアフィリエイト』になります。

 

この目標にいち早くたどり着くには、最初からサイトアフィリエイトに挑戦する方が近道だと私は思います。

 

 

 

 

 

よく読まれている記事

アフィリエイトとは
アフィリエイトとは直訳すると「提携する」または「加盟する」と言う意味です。 あなたが企業と提携することで、あなたのサイトやブログに提携した企業の『広告』を張ることができるようになります。その『広告』から、登録或は購入されることで報酬が発生します。これがアフィリエイトで収入を得る仕組みです。 広告を貼る場所はあなたのサイト、ブログ、メールマガジン、SNS(Facebook,Twitterなど)です。
知っておくべきアフィリエイト報酬体系
アフィリエイトでは複数の報酬体系が存在します。 報酬体系を理解すると、サイトやブログといったアフィリエイト方法との相性の良さが見えてきます。 今回は報酬体系の特徴と、手法との相性をご説明します。 自分のサイトやブログに広告を掲載し、そこから商品が売れたりサービスが利用されると報酬が発生します。 報酬額が1件当たり一定額の物がほとんどであり、最も一般的な報酬の形です。ほとんどのASPで採用されています。

トップページ アフィリエイトを始める前に アフィリエイトのジャンル選び ASP集 管理人プロフィール