知っておくべきアフィリエイト報酬体系

知っておくべきアフィリエイト報酬体系と手法

アフィリエイトでは複数の報酬体系が存在します。

 

報酬体系を理解すると、サイトやブログといったアフィリエイト方法との相性の良さが見えてきます。

 

今回は報酬体系の特徴と、手法との相性をご説明します。

 

成果報酬型

自分のサイトやブログに広告を掲載し、そこから商品が売れたりサービスが利用されると報酬が発生します。

 

報酬額が1件当たり一定額の物がほとんどであり、最も一般的な報酬の形です。ほとんどのASPで採用されています。

 

この後ご説明します『表示回数型』や『クリック報酬型』よりも報酬を得るハードルは高いですが、その分、報酬額が高い傾向にあります。

 

また、ASPより広告を取得するため、テーマは絞られてきます。それにより、トレンドや話題のニュースに沿った内容との相性がよくありません。このことから年中一定の需要のあるテーマを選ばなければならないと言えます。

 

トレンドに囚われず、年中一定のアクセスを獲得し成果を上げる必要がありますのでサイトアフィリエイトとの相性が良いです。

 

ただ、ブログでもテーマを『育児』や『ダイエット』といったように、一つに絞ることで、ブログアフィリエイトでも『成果報酬型』との相性を良くすることが出来ます。

 

表示回数型

自分のサイトやブログに掲載している広告が表示されることで報酬が発生します。別名『インプレッション報酬』とも呼ばれています。

 

広告が表示されるだけで報酬が発生しますので、商品を販売することも、クリックしてもらうことも必要もありません。アクセス数があれば稼ぐことができます。

 

トレンドや話題のニュースを取り入れることでアクセス数を増やすことが出来ますので、雑記ブログでのアフィリエイトと相性が良いでしょう。

 

クリック報酬型

広告がクリックされたときに報酬が発生します。

 

利用者が標品を購入したり、サービスを利用しなくても発生します。

 

こちらも『表示回数型』と同様で、アクセス数があれば稼ぐことができます。

 

『クリック報酬型』で最も一般的に知られているのが、サイトの内容に合った広告を自動解析し表示してくれるGoogle AdSense(グーグル・アドセンス)です。

 

1クリック単価当たりの単価もテーマによって高いものもあります。

 

高単価のテーマを絞って上げればよいのでは?と考える方がいらっしゃるかもしれませんが、テーマを絞るのであれば圧倒的に成約時の単価が高い『成果報酬型』が向いています。

 

上記のことから、単価はばらつきますが、ジャンルに囚われず、トレンドや話題のニュースを取り入れてアクセスを増やす雑記ブログの方が相性が良いです。

 

継続報酬型

報酬の発生としては成果報酬型と似ており、広告からサービスが申し込まれ、継続的の利用してもらうことにより報酬が発生します。

 

ウォーターサーバーやFX、金融関係、オンラインスクールなど、月額登録制のような継続的にされるようなものがアフィリエイトの対象商品になります。

 

他のアフィリエイトより多少難易度が上がりますが、このような継続報酬型で顧客を獲得できれば、不労所得への近道となるでしょう。

 

こちらは『成果報酬型』と似ており、ジャンルが決まっているため、トレンドに囚われずアフィリエイトができる方法であるサイトアフィリエイトに向いています。

 

 

 

 

 

よく読まれている記事

アフィリエイトとは
アフィリエイトとは直訳すると「提携する」または「加盟する」と言う意味です。 あなたが企業と提携することで、あなたのサイトやブログに提携した企業の『広告』を張ることができるようになります。その『広告』から、登録或は購入されることで報酬が発生します。これがアフィリエイトで収入を得る仕組みです。 広告を貼る場所はあなたのサイト、ブログ、メールマガジン、SNS(Facebook,Twitterなど)です。
やるならどっち?サイトとブログ
アフィリエイトを始めたいが難しそうでどうすれば良いか分からない。未経験者でもアフィリエイトを始めよう。アフィリエイトを基礎から学ぶ、ゼロから始める人へ向けた情報サイト。

トップページ アフィリエイトを始める前に アフィリエイトのジャンル選び ASP集 管理人プロフィール